産業用ラズベリーパイ

産業用に最適化したオープンエッジコネクティブデバイス「netPI」

  • オープンソース活用で開発期間を劇的に削減
  • 産業用イーサネット接続で容易なデータ収集
  • クラウドや産業用IoTエッジで活用可能

高信頼性設計

頑丈性
  • 金属ハウジングに収納し、産業用として 求められる耐候性、堅牢性、耐ノイズ性
  • DINレール取付け
信頼性
  • 8層PCBを採用し、放熱性、耐ノイズ性を向上
  • 産業用部品を中心に実装
  • 周囲温度50℃までフルCPUクロックスピード
  • 産業用グレードmicroSDカード付属
  • 樹脂ドームでカバーしハウジング上部に出したWi-Fiアンテナ
  • FRAMにより電源断前のデータなどをほぼ無限に書き換え

セキュリティ対応

  • 産業オートメーションおよび制御システムのサイバーセキュリティ規格IEC 62443に従ってシステムを構築可能
  • 安全フレームワークAppArmorを備えたYocto Linux distribution
  • SSHサービスをディフォルトで無効とし不正アクセスに対処
  • 著名済みソフトウェアのみ動作可能なセキュアブートに対応
  • TLS 1.2に準拠したデータ暗号化で盗聴から保護
  • Dockerによりソフトウェアをコンテナでカプセル化し、互いのソフトウェアを隔離

マルチプロトコル産業用ネットワーク対応

  • マルチプロトコル産業用イーサネットに対応して、netPIをI/Oスレーブとして簡単に構築可能。フィールドレベルのデータをシームレスに統合
  • ユニット株の拡張スロットにRS232, RS485, CAN-Bus, DI/DOユニットなど取り付け可能
  • Modbus通信を活用したサードパーティ製モジュールを接続可能

Docker

信頼されたソフトウェア(コンテナイメージ)を共有するDocker HubがWeb上にあり、100,000以上のアプリケーション(コンテナイメージ)をnetPIからWeb GUI操作のDockerを起動してロード可能。コマンドライン入力が不要のため、設定確認や管理が簡単。独自ソフトウェア(リポジトリ)の作成も可能。 通常のx86パソコンで開発可能。

Docker HUB
https://hub.docker.com/

Node-RED

netPIには、WebベースのIoTフローエディタNode-REDを実装されており、
ノードと呼ばれる100を超える事前定義された機能ブロックを使用してデータフローを作成可能。
サードパーティ製ノードも1,000を超え、独自ノードも開発可能。
ノードの使用やノード間の接続は、ドラッグ&ドロップ操作。

アプリケーション構築方法

  • 産業用イーサネット接続で容易なデータ収集
    民生ラズベリーパイで構築したソフトウェア環境をそのままnetPIで実行できます。
    • 高信頼性ハードウェア
  • クラウドや産業用IoTエッジで活用可能
    netPI標準のソフトウェア環境をベースにアプリケーションを構築できます。
    セキュリティ強化されたLinux上にDockerコンテナを作成し、アプリケーションを実装します。
    • 高信頼性ハードウェア
    • サイバーセキュリティ規格IEC 62443対応
    • 産業用イーサネット対応

拡張モジュール

各種拡張モジュールを装着可能。

製品情報 ▶

netPI仕様

項目仕様
温度範囲動作温度 -20~+60℃
保存温度 -40~+85℃
寸法105 x 35 x 140mm (突起部含む)
電源19.2~28 VDC, 3ピンねじ端子台
消費電力最小 4.2W (USB接続なし)
最大 9W (USB 1A 最大負荷)
質量400g
ケース金属ハウジング, DINレール取付け
プロセッサBCM2837 1.2GHz 4コア
(フルクロックスピード 50℃まで),
netX 51 (RTE 3のみ)
メモリ8GB MLC NAND microSDカード,
32GB pSLC NAND microSDカード
RAM1GB LPDDR2 RAM
8KB FRAM (RTE 3のみ)
EthernetIT通信: 1 x RJ45 10/100 Mbps
OT通信: 2 x RJ45 10/100 Mbps
インター
/フェース
4 x USB 2.0A (最大負荷1A),
1 x HDMI (1920 x 1080),
1 x Wi-Fi (802.11b/g/n) / Bluetooth (固定アンテナ)
項目仕様
リアルタイムクロックメンテナンスフリー,
7日間コンデンサバックアップ
インジケータ2 x Pi標準,
2 x ユーザプログラム可能,
4 x netX LED (RTE 3のみ)
認証CE, RED, FCC, ISED, 電気設備技術基準, KC (RTE 3のみ), UL, RoHS対応
EMCIEC 61000-6-2:200
EN 55011:2009
EN 61131-2
OSYoctoベース32ビットLinux distribution (AppArmorによる保護)
プリロードソフトウェアDocker Web GUI管理,
Docker CEエンジン,
Portainer Docker GUI
拡張モジュールRS232,
RS485,
4 DI / 4 DO,
CAN 2.0 A/B (1 MBaudまで)
GPIO評価ボード

アプリケーションノート・手順書について

netPIおよびこの拡張モジュールには、それぞれユーザマニュアルを用意しています。
その他にnetPIをご理解頂くための各種サンプルアプリケーションや手順書類を用意しています。これらをご要望の際は、お問い合わせください。

netPI紹介ビデオ

アニメーションでnetPIの特長を紹介

スライドでnetPIの特長を紹介

スタートアップの紹介 (音声)

スタートアップの紹介 (ステップバイステップ操作)

製品情報 ▶
製品のお問い合わせはこちら ▶

ヒルシャー製品について

ヒルシャー・ジャパンとは

ヒルシャー・ジャパンは、IIoTと産業用通信インターフェースの専門企業であり、1986年にドイツで ハンス・ユルゲン・ヒルシャーによって設立されたHilscher Gesellschaft fur Systemautomation mbH の日本法人です。 今日、当社は世界10ヶ国で260名を超える従業員を抱えるに至りました。 自社資源による継続的成長を企業理念に掲げ、お客様のパートナーとして信頼されて参りました。 すべてのプロセスはISO 9001と14001に準拠して認証されています。

ヒルシャー・ジャパンの独自技術「netX」

オリジナルASIC「netX」にすべての産業用ネットワークを集約。 OEM組込みモジュール、PCカード、ゲートウェイからチップまで、 ハードウェア、ソフトウェア、技術サポートをワンパッケージで 提供いたします。フィールドバスとリアルタイム・イーサネット市場で 長年の実績を誇るnetXの技術とノウハウを持ち合わせた ヒルシャーにお任せください。

製品のお問い合わせはこちら ▶

ヒルシャー製品が対応する主要なプロトコルの製品ラインナップページはこちら