A netFIELD Device IO-Link Wireless Master in an industrial environment.
empowering communication

産業用IoT

当社の使命は、機械とプロセスのデータへのアクセスを可能にし、お客様が活用できるようにすることです。

機械や機器は貴重なデータの宝庫です。それを開拓してお客様ご自身のデータを活用することで、プロセスを最適化し、システムの可用性と機械の効率向上のための強固な基盤を手に入れることができます。新しい‌サービスのビジネスモデルも可能になります。
産業用IoTとヒルシャーを使用することで、システムの運用に関するより優れたインサイトを得られます。お客様は適切な意思決定を下せるようになり、その新しいインサイトを基にして経済的優位性を得ることができます。

ご質問はありませんか?私たちがお答えします!こちらから直接お問い合わせいただけます ->

 

産業用IoTのメリット
透明性の確保

IIoTソリューションで、生産プロセスの透明性を。包括的な機械のデータをキャプチャしてデジタルツインを形成し、MESやERPシステムのデータハブとして使用します。仮想レプリカは、エンド・ツー・エンドの注文や最適化サイクル、シームレスな文書化の基盤となります。

 

Numerous orange robots working on car chassis in an industrial production line. One robot is welding on a car creating a burst of sparks.
効率の向上

IIoTで生産効率を向上させましょう。お客様のシステムの主要業績評価指標は、設備稼働率を最適化するための製造代替案のシミュレーションに使用されます。分散型生産拠点のプロセスが調和され、下流の処理工程間の不必要なダウンタイムが発生や、その結果として生じる単価の上昇を回避できます。

 

コストの削減

IIoTにより、エネルギー消費が削減され、持続可能性の目標を達成しやすくなります。データ分析により、ISO 50001に準拠したインテリジェントな機械の停止と定期メンテナンスが可能になり、貴重なリソースを節約できます。IIoTの活用により、今後数年間で最も重要な課題の1つであるネットゼロ目標を簡単に達成できるようになります。

 

A machine optically inspects a work piece amde out of metal. A glimmer of light comes out of the black machine head.
品質の向上

品質指標を分析することで、最終製品の品質を綿密に監視できます。これにより、指定された要件からの逸脱にすぐに対応し、プロセスの矛盾に対処することができるため、お客様の顧客に可能な限り最良の製品を届けられます。

 

目標: データの活用

包括的なエンド・ツー・エンドのデジタル化に着手する際にメーカーが直面する最大の課題は、膨大な量のデータを管理し、生データを実際に経済的に有益なものに変換することです。今日では特に、IT世界へのネットワーク・ゲートウェイにおける機械のデータのエッジコンピューティングが重視されています。また、クラウドコンピューティングも利用できます。ただしこれでは、処理すべきデータ量が増え続ける環境で、低レイテンシと短い処理時間での高い可用性を実現するというニーズを満たすことはできません。

 

PLCシステムにはIIoTアプリケーションをに対応する機能がない

分析や機械学習向けのデータ処理プログラムは通常、C#や.NETなどの高級言語をベースにしています。そのようなプログラムを従来のPLCシステムで動作させることは、その物理的なプログラムサイズのために不可能です。産業用エッジコンピューティングにより、標準的なPLCでは限界がある周辺機器にCPUの処理能力とRAMが追加されますが、IT技術は製造現場をより考慮する必要があります。これには、ソフトウェアをコンテナ化する方法もあります。これによってアプリケーションの移植が可能になり、特に分散型エッジデバイスは、リモートで、また一元化された場所からライフサイクル全体を通して管理し、やすくなります。これは特に、デバイスのソフトウェアを最新のセキュリティパッチに対応させる必要がある場合に有効でで、更新をリモートで、さらにはインターネット経由で展開できます。

netFIELDで産業用エッジを管理しやすく

netFIELDブランドのもと、ヒルシャーはコンテナ化されたアプリケーションを実行できるエッジデバイスと、それに付随する一元的な管理を目的としたプラットフォームの両方を提供しています。システム全体で、産業用エッジの管理を可能にします。常にアプリケーションに依存することはなく、選択したデータパスも自由に決定できます。ヒルシャーのプラットフォームは、ローカルとリモートのデータ処理を組み合わせるために、世界中または別のクラウドにデータを転送するために使用することもできます。

 

目標: 世界中に分散しているすべての機械とソフトウェアの一元管理

中堅機械メーカーにとって、生産する機械が地理的に広く分散していることは常に課題でした。サービス技術者は、機械のメンテナンス、トラブルシューティング、または改良作業を行うために、機械が使用されている顧客の生産施設に頻繁に派遣されます。産業用IoTソリューションは、リモートでトラブルシューティングやメンテナンスを行うための新しい方策を提示します。しかし同時に、それに伴う新たな課題も存在します。たとえば、機械に付属するIIoT部品も、監視とメンテナンスが必要です。

 

ハードウェアとソフトウェアのライフサイクルの違い

一度組み込んで納品されるとほとんど変更されることのない‌機械のハードウェアと、IIoTのソフトウェアソリューションでは、ライフサイクルがまったく異なります。既存のハードウェア上のソフトウェアを使用して、新しい要件に迅速かつ柔軟に対応できます。ただし、ソフトウェアには通常、セキュリティパッチ、新機能、サードパーティ製システムへの新しい接続など、頻繁な更新が必要です。ソフトウェア・ソリューションでは、設定の変更が必要になることもよくあります。そのため、自社の機械で産業用IoTソリューションを提供しようとする機械メーカーは、数多くの新たな課題に直面します。

機械メーカーがこれらの課題に対応する方法

根本的な問題は、IIoTのソフトウェア・ソリューションを最新の状態に保つ方法と、ソリューションが正常に動作していることを確認するための監視方法です。解決策は、デバイスとアプリケーションの一元的な管理です。

  • 第一に、現場でIIoTアプリケーションを実行するるエッジデバイスをリモートで管理できるシステムが必要です。エッジデバイスが正常に動作し、リソースが効率的に使用されていることを確認するために、リモートで監視できる必要があります。OSの更新も考慮しなければいけません。
  • 第二に、データのあるところにソウェアを確実に配置することが容易なシステムでなければなりません。機械メーカーに求められるのは、各エッジデバイスで実行するソフトウェア・コンポーネント、バージョン、設定を制御できることです。例えばソフトウェアコンテナなど、何らかの仮想化の概念が採用されているのが理想的です。
  • 第三に、機械メーカーは、機械から出さないIIoTデータ、機械メーカーが必要とするデータと一元的な収集を許可するデータ、使用を許可して下流の顧客アプリケーションに送信するデータを設定できる必要があります。

分散している機械をnetFIELDで管理

ヒルシャーはnetFIELDにより、機械メーカーが産業用IoTソリューションを効率的かつ安全に管理できるよう支援する製品ファミリを提供しています。netFIELD Cloudは、エッジデバイスのリモート管理、ソフトウェアコンテナのインストールと更新、IIoTデータストリームの正確な制御を可能にするデバイスおよびコンテナ管理のソリューションです。netFIELDエッジゲートウェイのシリーズでは、分散している機械の管理に最適な実績のあるIIoTエッジデバイスも提供しています。

 

目標: プロセスデータと機械のデータを活用して競争力を向上

世界規模で競争力を維持するには、機械メーカーやプラントオペレータは、常に競争の一歩先を行く必要があります。 これは、機械やシステム、それらに関連するプロセスを完璧なものにすることを意味します。包括的なインサイトと明確性を得るため、企業は生産プロセスで生成されたすべてのデータをマイニングして、正しい結論を導き出すために必要な情報を導き出せるようにする必要があります。

 

データ分析の基盤を構築

機械やプロセスのデータから貴重なインサイトを得られます。プロセスや品質基準の改善、機械の実際のメンテナンス状況や要件の特定、設備稼働率の制御による効率化など、可能な用途は多く存在します。機械やシステムに関連する革新的でデータ主導型のサービスにより、企業は競合他社との差別化を図り、新たな収益源を生み出す新しい方法も手に入れられます。

こうした目的で産業用IoTのデータを評価する企業は、まずデータ分析の基礎を築く必要があります。これには、次のものが含まれます。

  • 可能であれば産業用フィールドバスシステムのレベルでのデータへのアクセス

  • 機械やシステムのできるだけ近くでデータを分析する能力

  • IIoTデータを適切なソフトウェア・アプリケーションに正確に分散する能力

  • エッジハードウェアとエッジソフトウェアコンポーネントで構成される分散システムの管理

生産中の機械の近くでIIoTデータをマイニングすることが特に重要です。そうすることで、データストリームの量が削減され、貴重な機械のデータが工場から流出することがありません。生データではなく、分析から得られたインサイトのみが、必要に応じて、他のアプリケーションやストレージメディアと共有されます。

netFIELDによるデータマイニング

netFIELD製品ファミリにより、‌ヒルシャーは、企業が効果的かつ効率的な産業用IoTデータのマイニング戦略を実施できるよう支援します。ヒルシャーのnetFIELDエッジゲートウェイは、そのような産業用IoTアプリケーション向けに特別に設計されています。netFIELDのアプリケーションを使用することで、機械のPLCに干渉することなくフィールドバスデータを受動的に読み取ることができ、デバイスおよびコンテナ管理ソリューションであるnetFIELD Cloudを使用することで、すべてのエッジデバイスのリモート管理、ソフトウェアコンテナのインストールと更新、およびIIoTデータストリームの正確な制御が可能です。

 

目標: 既存の工場を将来に適合させる

産業用機械と生産工場のライフサイクルは、通常20年以上のスパンで設計されます。長く持ちするほど収益性が高くなり、事業者の投資収益率も高くなります。そのため、既存の生産施設をできるだけ長く活用することが大きな目標です。しかし、時間とともに、‍予期せぬ障害や故障のリスクも高まります。これを防ぐ対策は、従来のオートメーション技術では困難でした。その結果、最新技術にアップグレードするために長時間のダウンタイムが発生するなどのリスク要因により、多くのシステムがそのまま稼働しています。

 

耐用年数をさらに先へ伸ばす

今日、すでに導入されているオートメーション技術に手を加えることなく、既存の工場をデジタル化する未来に適合させることができます。 センサと最新のIoTツールはローカルもリモートでも、いつでも生産を改善し、プロセスの効率向上に役立ちます。競争力を維持するためのプレッシャーの高まりは、IoTの改良によって、使用する改修部品を少なくし、サービスを利用することで軽減できます。 そして、予想されるシステムの耐用年数からさらに10年間使用できるとしたら、すばらしいのではないでしょうか。

netFIELD経由で既存のインターフェースを使い続ける

システムを中断せずにレガシーシステムでIoT技術を使用するための鍵は、主に既存のインターフェースを使用してデータをキャプチャすることです。たとえば、ヒルシャーのエッジゲートウェイでは、PLCのプログラミングインターフェースを使用して、最大20年前のPLCプログラムを積極的に変更することなくデータを集約することが可能です。または、受動的に自動化ネットワークにに接続し、PLCと並行してプロセスデータを記録することも可能です。2つ目のオプションは、IO-Linkセンサ技術を直接接続できる可能性があるヒルシャーの自律型エッジデバイスをシステムに装備することです。このようなデバイスによって、これまで使用されていなかった情報が、追加のセンサを経由して一元的に収集および処理できるようになります

 

目標: 新しいビジネスモデルの導入

機械がスマートであるとみなされるのは、ネットワークに統合され、インテリジェントな機能がを備え、効率的で信頼性が高い場合です。そのため、新しいビジネスモデルの可能性が広がっています。しかし、エンドユーザがコネクテッド・エンタープライズに移行する際に、競争力を維持するためにこれらを活用することには、課題がないわけではありません。

 

生産における新しいビジネスモデル

たとえば、機械のリースという革新的な発想が広がっています。請求の対象となるのは設置ではなく、製造単位または使用時間を基準とした、それに等しい金額です。Office 365のような典型的なソフトウェアサブスクリプションモデルや、テスラが実践しているソフトウェアアクティベーションのようなシナリオも考えられます。機械は常にフル装備で提供されますが、ソフトウェアの設定は後で、リモートで変更できると好ましいです。機械‌をスマートにするのは簡単で、センサを追加して増やすだけです。しかし、生産性の向上、メンテナンスの低減、生産停止の回避、そして最後に重要なことですが、サブスクリプションモデルのシナリオを作成するために必要なAIをどのように導入すれば良いのでしょうか?通常のPLCは、単純な制御タスクしか実行しません。リソースを大量に消費するソフトウェアを追加する余地はなく、インターネットに接続されていません。

netFIELDを使用したスマートマシンのデータインフラストラクチャ

そこで登場するのが、ヒルシャーが提供するエッジテクノロジーです。機械の近くに配置されたゲートウェイがAIのためのスペースを提供し、リモートで管理できます。データの集約・処理は自由にコンフィグレーション可能で、デジタルツインとして仮想オブジェクトにマッピングすることで、ITやERPシステム、またはより高いレベルの生産物流プロセスへの移行を促進します。ゲートウェイのソフトウェア・ライフサイクルは、一元的に管理されます。ヒルシャーは、このような事態に対応するための管理プラットフォームを提供し、デバイスと連携して、機械が納品された後でも、機械メーカーが顧客の要求に柔軟に対応できる通信構造を用意しています。

 

産業用通信のエキスパートが提供するテクノロジーでデータへのアクセスを可能に!

制御された機械やシステムをスマートにするのは簡単です。ネットワーク統合型のエッジゲートウェイを使用すると、アクセスできるシステム情報が増えます。追加のセンサ、コントローラ、または産業用バスを使用して、潜在的なデータソースを活用し、IoTアプリケーションでそのデータストリームを処理・圧縮します。

これにより、たとえば、機械の部品が故障する前に摩耗や破損の警告を行うことができ、顧客を説得させるために必要な競争力を得られます。これはお客様の顧客にとって、機器の運用、メンテナンス、最適化における大幅なコスト削減を意味します。

分散システムとデータインテリジェンスの一元的な管理を必要とするビジネスモデルには、エッジゲートウェイ、管理プラットフォーム、および多数の通信アプリケーションなど、すぐに使用可能なnetFIELDインフラストラクチャが最適です。それらが、カスタマイズされたIIoTソリューションの開発基盤となります。

 

IIoT Chart

netFIELD - ヒルシャーのマネージド産業用IoT

 

当社のnetFIELD製品をご覧いただき、お客様の産業用IoTプロジェクトの実装に最適なソリューションをお選びください。


netFIELD Edge ->

お客様の現場に適したインテリジェントなエッジゲートウェイ

netFIELDエッジ管理 ->

ハードウェアおよびソフトウェアの一元的なエッジ管理

netFIELDアプリケーション ->

現場のデータを提供するためのコンテナ化されたアプリケーション

ご質問はありますか?下のお問い合わせフォームをぜひご使用ください!

 

 

Programming code abstract technology background of software developer and  Computer script
Four good reasons for netFIELD

The right software in the right place

Fast response times and efficient data traffic through data intelligence right on your machine. Get the precise data you need from your manufacturing floor to improve your process.

Maintain control over your data

You and your customers always retain ownership of the data you or they create and use, respectively.

Access anytime, anywhere

The connection to a central management system allows you to access your machines remotely, no matter where they are. There is no more need for tedious programming of devices and machines on site.

Software lifecycle management

Software must be kept up to date and requires constant adjustments. Organize the management of your device fleets with netFIELD and easily roll out software from a central location.

すでに考えがおありですか。私たちにお話しください。

IIoTソリューションを開発したいと考えている特定の課題をお持ちですか?すでに製品の具体的なアイデアがあって、適切なIIoTインフラストラクチャをお探しですか?または、netFIELDの詳細と、それをお客様の利益になるようにする活用法について知りたいですか?問題ありません。以下のフォームに記入して、当社のエキスパートによる無料の個人向け製品デモにご登録ください

 

当社のエキスパートへのお問い合わせ

Step

Fieldset
I agree that my personal data will be used to contact me via e-mail or phone with further information.
関連リンク
Hilscher netPI Edge Gateway in use.

当社のマネージド産業用IoTプラットフォームの概要:netFIELDは、インダストリー4.0ソリューションを実装するためのIIoTエッジ・インフラストラクチャです。これにより、機械のデータにアクセスし、必要なソフトウェアとハードウェアを一元管理できるようになります。

 

A stylized ear on a colourful background. The PROFINET logo can be seen on the left side.

ハッタースハイム2023年3月30日 – Hilscher Gesellschaft für Systemautomation mbHは、コンテナ化アプリケーションのnetFIELD App PROFINET TapでIoTポートフォリオを拡大しています。このアプリケーションはソフトウェア・ゲートウェイとして機能し、PLCとは独立してPROFINETネットワークからプロセスデータをタップし、MQTTプロトコルに変換します。

 

A stylized ear on a colourful background. The EtherCAT logo can be seen on the left side.

ハッタースハイム2023年3月30日 – Hilscher Gesellschaft für Systemautomation mbHは、コンテナ化アプリケーションのnetFIELD App EtherCAT TapでIoTポートフォリオを拡大しています。このアプリケーションは、ソフトウェア・ゲートウェイとして機能し、PLCとは独立してEtherCATネットワークからプロセスデータをタップし、MQTTプロトコルに変換します。

 

A white square with three smaller netFIELD icons also in white on the right side. They are connected with white lines on a dark blue background. On the left side, "Release of netFIELD OS 2.4" is written on  white background.

ハッタースハイム2023年5月31日 – ヒルシャーは、netFIELDブランドの下、マネージド産業用IoTの製品ポートフォリオの最適化と拡大に継続的に取り組んでいます。ヒルシャーのエッジ・デバイス用のランタイム環境であるnetFIELD OS 2.4のリリースは、このためのもう1つの構成要素です。

 

A black device hovers on a colorful background. On the lft you can see the Microsoft Azure logo in blue on a white background.

ハッタースハイム2023年6月22日 – Hilscher Gesellschaft für Systemautomation mbHのエッジ・ゲートウェイnetFIELD Compact X8Mが、Azureの公式認定デバイス・カタログに掲載されました。Microsoftはこのようにして、ランタイムAzure IoT Edgeとクラウド・コネクタAzure IoT Hub間の接続が成功したことを証明しています。

 

A netFIELD DEVICE IO-Link Master in an industrial environment.

Hattersheim, 06. Feb. 2024 – Hilscher Gesellschaft für Systemautomation mbH has released sensorEDGE FIELD and sensorEDGE, two new Edge IO-Link master devices. These IP67-rated devices combine computing power, a centralized edge management platform and standardized sensor connectivity. Read more in our news!