NRPEB 52-RE
アクティブ

netRAPID 52評価ボード - リアルタイム・イーサネット

  • netRAPIDテクノロジを簡単に評価

  • ‌リアルタイム・イーサネットスレーブ用の制限付きファームウェアバージョンを含む

  • 最初のプロトタイプ用に3つのチップキャリアNRP 52-REを搭載

  • 評価に必要なすべてのツールとマニュアルを含む

  • 1つのハードウェアであらゆるリアルタイム・イーサネット・システムに対応

最小スペースでのリアルタイム・イーサネット・ソリューション

スレーブインターフェースを社内で開発するよりも、早く安全な選択肢がnetRAPIDです。32 x 32mmというコンパクトサイズのnetXチップキャリアは、ユニットあたりのコストが適切で、リスク低減や迅速な市場投入を実現するソリューションです。標準的なQFPコンポーネントと同様に、手作業またはSMD製造工程でホストシステムに直接はんだ付けされます。

最小限のスペース要件に最適化されたnetRAPID 52-REには、イーサネット変換器、SQIフラッシュ、netXマルチプロトコルチップなど、必要な動作コンポーネントがすべて組み込まれています。メインはアルタイム・イーサネット通信です。プロトコルスタックは、netXの内部RAMで実行されます。そのため、ハードウェア開発者の作業は、ホストシステムにネットワークコネクタとLED、アドレススイッチを組み込むだけです。ホストシステムに必要なのは、層のプリント基板のみです。アプリケーション開発は、netRAPIDのAPIを使用するだけとなります。

netRAPIDの機能をすべて利用するには、ファームウェアのライセンスを一度取得し、製造工程でロードする必要があります。

型式

型番

内容

NRPEB 52-RE

7600.200

netRAPID 52評価ボード - リアルタイム・イーサネット