現場とクラウドをセキュアに接続する超小型スレーブインターフェース

netRAPID 90は、自社開発のスレーブインターフェースに代わる迅速かつ安全なモジュールです。これはnetX90チップキャリアとして、SMD生産プロセスにおいて標準的なQFPコンポーネントと同じようにマザーボードに半田付けされます。

netRAPID 90には、あらゆる一般的な通信およびIIoTプロトコルに対応した実績ある柔軟なマルチプロトコルプロセッサに加えて、追加のCortex M4アプリケーションプロセッサが組み込まれており、さまざまなメモリコンフィグレーションで使用することができます。
このように、純粋な通信から、組込みアプリケーションを使用するお客様固有のソリューションまで、1つの設計で対応する完璧なプラットフォームです。


netRAPID 90には2つのモデルがあります。1つはすぐに使用できる純粋な通信モジュールとして提供され、定められた機能に固定されており、プロトコルファームウェアが事前にロードされています。もう1つは、通信とアプリケーション、お客様固有のピン配置を組み合わせる柔軟なプログラミングプラットフォームとして提供されます。自動化されたヒルシャーの生産プロセスによって、netRAPID 90をこのモデルにサービスとして事前にロードすることもでき、その場合はお客様やアプリケーションに固有の内容で、すぐに使用することができます。

Crypto Coreが組み込まれたnetRAPID 90は、マルウェア攻撃に対する保護機能としてのCIPセキュリティ用TLSやセキュアブートなど、将来のセキュリティ機能に最適な装備を搭載しています。これによってnetRAPID 90は、すでに、現場とクラウドを安全に接続するための理想的な基盤となっています。

netRAPID 90には、あらゆる一般的な通信およびIIoTプロトコルに対応した実績ある柔軟なマルチプロトコルプロセッサに加えて、追加のCortex M4アプリケーションプロセッサが組み込まれており、さまざまなメモリコンフィグレーションで使用することができます。

このように、純粋な通信から、組込みアプリケーションを使用するお客様固有のソリューションまで、1つの設計で対応する完璧なプラットフォームです。


netRAPID 90には2つのモデルがあります。1つはすぐに使用できる純粋な通信モジュールとして提供され、定められた機能に固定されており、プロトコルファームウェアが事前にロードされています。もう1つは、通信とアプリケーション、お客様固有のピン配置を組み合わせる柔軟なプログラミングプラットフォームとして提供されます。自動化されたヒルシャーの生産プロセスによって、netRAPID 90をこのモデルにサービスとして事前にロードすることもでき、その場合はお客様やアプリケーションに固有の内容で、すぐに使用することができます。

Crypto Coreが組み込まれたnetRAPID 90は、マルウェア攻撃に対する保護機能としてのCIPセキュリティ用TLSやセキュアブートなど、将来のセキュリティ機能に最適な装備を搭載しています。これによってnetRAPID 90は、すでに、現場とクラウドを安全に接続するための理想的な基盤となっています。

 

netRAPID 90は、ニュルンベルクで開催されるSPS Smart Production Solutions 2019で直接ご覧いただけます(ホール5-130)。

 

netRAPID 90データシート