• PROFINET

FO搭載通信モジュールSPI - PROFINET IO-デバイス

あらゆる通信タスク対応のモジュール

製品写真

 

COMX 50CA-REFO-Image

COMX 50CA-REFO

販売終了

一覧

  • ネットワークコネクタをボード上に搭載した完全なスレーブインターフェース
  • デュアルポートメモリまたはSPI経由でのホスト接続
  • 1つのベースボードデザインであらゆるネットワークに対応

Weitere Informationen

詳細

あらゆる通信タスク対応のモジュール

comX通信モジュールは、ロボットコントローラ、PLC、ドライブなどのオートメーションデバイスに組み込み、ネットワークインターフェースを与えるために作られました。すべての通信タスクは、ターゲットデバイスのプロセッサに関わらず自律的にモジュール内で実行されます。

プロセスデータの交換はデュアルポートメモリ経由で行われ、これは8ビット/16ビットバスインターフェース、または50MHz SPIインターフェースでアクセスされます。

comXはあらゆるリアルタイム・イーサネットプロトコルをマスタまたはスレーブとしてサポートし、一つのモジュールだけですべてのネットワーク固有の要求を満たします。モジュールには2つのイーサネットポートがあり、ライントポロジに対応します。通信プロコトルはマスタに適切なファームウェアとソフトウェアライセンスをロードするだけで簡単、確実に変更できます。

ヒルシャーのネットワークコントローラnetXにより、10年間の供給を保証します。

技術的詳細

COMX 50CA-REFOパラメータ
製品型番1551.110
内容光ファイバー搭載通信モジュールPROFINET IO-デバイス
通信コントローラnetXnetX 50
内蔵メモリRAM8 MB SDRAM
フラッシュ4 MBシリアルフラッシュ
電源供給電圧+3.3 V DC ±5 %
標準電流/最大電流約950 mA/1100 mA (3.3 V時)
標準消費電力約3.14 W
電源コネクタシステムバスコネクタx1経由
システムインターフェースタイプパラレルデュアルポートメモリインターフェース
コネクタ50ピン SMT、メスコネクタ
ピン間距離1.27 mm
デュアルポートメモリサイズ16 KByte
データ幅8ビット/16ビット
通信インターフェース通信規格PROFINET IO-デバイス
インターフェースタイプAIDA仕様準拠の光イーサネットインターフェース (2 LWLトランシーバーAvago AFBR-5978Z )
コネクタ2x SC-RJ (光コネクタ)
診断インターフェースタイプUARTまたはUSB
コネクタホストインターフェースでの信号ホストシステムに組み込まれている場合にのみ使用可能
ディスプレイLEDディスプレイSYSシステムステータス、緑RUN、黄RDY
COM0、COM1通信ステータス、両方緑/赤
TX/RX0、TX/RX1、イーサネットアクティビティステータス、黄
LINK0、LINK1、イーサネットリンクステータス、緑
環境動作周囲温度範囲-20 °C ...+55 °C (測定中のエアーフロー: 0,5 m/s)
保管周囲温度範囲-10 °C … +70 °C
湿度範囲10 % … 95 %相対湿度 (結露無きこと)
デバイス寸法 (長さ x 幅 x 高さ)70 mm x 30 mm x 21.5 mm (トランシーバーなし)
質量約35 g...40 g
取り付けねじ込み式ボルト使用、comXデザインガイドに準拠
コンフィグレーションコンフィグレーションソフトウェアSYCON.net
適合性RoHSあり
EMC指令準拠CEマークあり
放射EN 61000-6-4
耐性EN 61000-6-2
EN 61000-4-2 (コンタクト放電方式) 準拠で静電放電 (ESD) 試験EN 61000-4-2: ± 6 kV、条件B
EN 61000-4-4準拠のファストトランジェントインターフェース (バースト)EN 61000-4-4: ± 2 kV、条件B (通信ライン、シールド)

オーダー情報

型式型番内容
COMX 50CA-REFO/PNS1551.110/PNSFO搭載通信モジュールSPI - PROFINET IO-デバイス

comX通信モジュールはマスター、またはスレーブ機能でデバイスをアップグレードするための汎用ソリューションです。モジュールはすべてピン互換性があり、同じソフトウェアインターフェースを使用しています。
ネットワークコネクターと組み込んだもの、ネットワークインターフェースがベースボードに接続されたものなどがあります。

Brochures, Whitepaper and Case Studies

Find all our current Media to Embedded Modules at our Media Archive.