テクノロジー

  • CANopen

通信モジュールCANopenスレーブ

クラシック世代のモジュール COM-Cタイプ

製品写真

 

COM-CA-COS-Image

COM-CA-COS 

End of life

一覧

  • ネットワークコネクターをボード上に搭載した完全なマスターインターフェース
  • あらゆるフィールドに同一のアプリケーションインターフェース
  • デュアルポートメモリーでのプロセスデータに直接アクセス

Weitere Informationen

詳細

COMモジュールは、フィールドバスインターフェースの実装にシンプルで経済的なソリューションです。

コンパクトなプラグインボードにはポテンシャルフリーのドライバーインターフェースを含む全CANopenインターフェースが搭載されています。ホストシステムとのデータ交換はデュアルポートメモリーインターフェース経由で簡単、且つどのモジュールでも同様に行えます。ここで、プロセス変数はプロセスデータイメージに格納されますが、コマンドはメールボックス経由で転送されます。このモジュールはCANopenネットワーク経由でデータを受け取り、独立してすべての転送を行い、ホストシステムからのコンピューティングパワーは必要としません。

コンフィグレーションは、RS-232C診断インターフェースなどの当社SyCon®システムインテグレータを使用して行なえます。

オーダー情報

型式型番内容
COM-CA-COS1521.540通信モジュールCANopenスレーブ

代替製品

型式型番内容
COMX 10CA-COS1561.540通信モジュールSPI-CANopenスレーブShow product

ダウンロード

データシート

ドキュメンテーション

ソフトウェア

comX通信モジュールはマスター、またはスレーブ機能でデバイスをアップグレードするための汎用ソリューションです。モジュールはすべてピン互換性があり、同じソフトウェアインターフェースを使用しています。
ネットワークコネクターと組み込んだもの、ネットワークインターフェースがベースボードに接続されたものなどがあります。