テクノロジー

    ネットワーク用netDIMM評価ボード

    DIMM CPUモジュール「ネットワーク」用の開発プラットフォーム

    製品写真

     

    NDSB-NET-Image

    NDSB-NET

    End of life

    一覧

    • netDIMMテクノロジーを容易に評価
    • USB、JTAG、ネットワークなどの必要なインターフェースをすべて装備
    • 多くのプロトコルスタックとボードサポートパッケージを提供

    Weitere Informationen

    詳細

    拡張モジュールとしてのアプリケーションに対する完全なnetXデザイン

    netDIMMは、よく知られた144ピンDIMM-PCフォーマットでのプラグインモジュールです。オートメーションデバイスをネットワークテクノロジーとnetXベースのアプリケーションで拡張する、最も簡単なソリューションです。

    netDIMMプラットフォームは、メモリー、オシレーター、リセット発生器、電圧変換器などの必要な動作コンポーネントを全て備えた、完全なnetXコントローラーデザインです。DIMMインターフェースは通信信号、周辺バス、USB、LCD、LED信号を提供します。対応する電気的接続は、ベースボードに印加、接続する必要があります。

    netDIMMの派生形にはNETとHMIがあります。派生形のNETは、主に通信を要するアプリケーション用です。これは対応するフィールドバス/イーサネット信号をベースボードに送ります。派生形のHMIは可視化市場のためのもので、追加のLCDとタッチコントローラーの信号を出します。このため、Windows CEまたはLinuxベースのターミナルを、ソフトキー、SD/MMCカード、USBインターフェースも備えて、最小の労力で構築できます。その他全てのアプリケーションは、リアルタイムオペレーティングシステムrcX下で開発できます。この目的で、ライセンスされたプロトコルスタックモジュールは、アプリケーションに取得、組込みできます。

    スターターボードはすべての物理通信インターフェースを備え、評価と開発を迅速に行えます。netDIMMモジュールのスロットの隣には、イーサネット、PROFIBUS、DeviceNet、それにRS-232C、USB、JTAG用のコネクターが用意されています。ハードウェア拡張は、ピンストリップでアクセスできる拡張バス経由で可能です。派生形のHMIにはさらにTFTディスプレイとSD/MMCカードスロットを備えています。

    オーダー情報

    型式型番内容
    NDSB-NET5800.000ネットワーク用netDIMM評価ボード

    ダウン・ロード

    データシート

    netDIMMはオープンnetXに基づいたプラットフォームで、softPLCまたはディスプレイなどの自己開発アプリケーションを、通信テクノロジーと共に実装するためのプラットフォームです。お客様自身が目的に合わせたソリューションのソフトウェア開発を行うか、経験豊富なヒルシャーのチームが、開発サービスとして安全で迅速に提供します。