netX 90トレーニング

スタンドアロン、またはフィールドバスとリアルタイム・イーサネット接続のコンパニオンチップとしてnetX 90をコミッショニングします。

LFW - ローダブルファームウェアの目的は、通信部分をデバイスのアプリケーションから完全に切り離すことです。netX 90はヒルシャーのローダブルファームウェアで動作し、フィールドバスまたはリアルタイム・イーサネット通信を独自に処理します。アプリケーションをnetX 90に実装し、専用のアプリケーションCPUまたは外部のホストコントローラで使用することも可能です。netXの通信とアプリケーション部、あるいは外部ホストとのデータ交換はnetXに搭載されたデュアルポートメモリで行われます。パラレルとシリアルの両方のインターフェースを使用して、2つのチップを極めて柔軟に相互接続できます。

netX 90をアプリケーションまたはホストコントローラに接続するか、netX 90にアプリケーションを実装する場合、円滑に作業を始めるために必要な内容をこのワークショップで習得できます。netXチップ、ツールとユーティリティ、デュアルポートメモリ、cifX APIについて、理論と実践の両方で学びます。 ワークショップの修了時には、netX 90システムのコミッショニングを行い、バスマスタを使用して、周期的データをバス上で交換できます。実習で取り組んだ基本的なソフトウェアプロジェクトを自社開発の基盤として使用できます。

ハンズオンセッションはNXHX 90-JTAG評価ボードで行います。

 

日程

トレーニングは受講者最大10名の小グループで行い、誰でも参加できます。

  • 2020年4月30日木曜日
  • 2020年6月11日木曜日

講習時間

1日、9:00~17:00

 

対象グループ

ソフトウェア開発者、プロジェクトマネージャ

前提条件

組込みCプログラミング、マイクロコントローラとその周辺機器の基本知識

 

言語

オーバーヘッドおよびトレーニング資料は英語です。講義は英語またはドイツ語で行います。

内容

  • netXのエコシステム、ユースケース
  • netX 90チップの詳細
  • ブートシーケンス
    • 内部フラッシュのレイアウト
  • ファームウェアアップデートの仕組み
  • ツールとユーティリティ
    • フラッシュのプログラミング
    • ハードウェアコンフィグレーション
    • IDE netX STUDIO
  • アプリケーションのプログラミング
    • 周辺機器のドライバ
  • デュアルポートメモリインターフェース
    • 通信チャンネルの構造およびレイアウト
    • ハンドシェイクの仕組み
    • 非周期的データ交換用メールボックス
    • プロセスデータ
  • cifX API
    • アプリケーションサンプル
  • cifXツールキット
  • ハンズオンセッション
    • デバイスとマスタプロトコルの周期的データ交換用デモアプリケーションのコミッショニング
名称参照番号説明
NXS-NETX900312.050netX 90ワークショップ (1日トレーニング)