Logo Hilscher

HMIターミナル

グラフィカルユーザーインターフェースは、オートメーションシステムの操作を容易にします。従来のHMIでもウェブアクセスでも、ヒルシャーはあらゆる要件に対して可視化ソリューションを提供します。

LAN、フィールドバス、産業用イーサネット何れの経由でのコントロールとモニターでも、ローカル操作からサーバーデバイスとしてのモニター目的またはクライアントとしてのPLCとの組み合わせまでの全領域に対応します。

コアテクノロジーとしてのnetXに、組込みのグラフィックスコントローラーと可視化QViSを搭載すると、どのような厳しいアプリケーションでも適合できます。

ウェブHMIサーバーとしてのnetSCADAデバイスは、ウェブ上での新鮮で柔軟な可視化を実現します。このテクノロジーはどのようなnetXベースのオートメーションデバイスにも適合できます。

netX搭載の1つのハードウェアプラットフォーム上のマスター通信またはスレーブ通信をコアテクノロジーとすると、マルチプロトコル機能と多岐にわたる要件への適合が達成できます。

  • 統合されたグラフィックスコントローラー
  • ウェブベースの可視化
  • どのようなパフォーマンスクラスにでもスケーラブルな通信インターフェース