産業用インターネット

マルチプロトコルチップからマルチクラウド通信まで

インダストリ4.0および産業用インターネットは、センサからクラウドまでの継続的な通信を要件とする第4次産業革命を意味します。私たちはこれを産業用クラウド通信と呼び、netIOTはそれを実現するための当社のテクノロジです。

産業用クラウド通信とは、既存の通信インフラストラクチャ上で、リアルタイム・イーサネットデータと並行して送信されるインダストリ4.0または産業用インターネットの情報データをnetIOTエッジゲートウェイで収集、必要なデータを上位クラウドに渡すことを意味します。

ヒルシャーのnetPROXYテクノロジを介して製造業者はデバイスデータをnetIOTインターフェースに渡します。
に、デバイスデータは異なるシステムのリアルタイム・イーサネットにマップされ、コントローラーに送信されます。
の通信と並行して、エッジゲートウェイからWebサーバ、OPC UAまたはMQTT通信を使い、クラウドデバイスにデータアクセスします。
現在既に、netIOTエッジゲートウェイはクラウドプラットフォームIBM Bluemixをサポートしています。
SAP HANAとMicrosoft Azureはすでにヒルシャーロードマップ上にあります。

 

 
  • OPC UAおよびMQTTを用いたセンサからクラウドへのIoT通信ソリューション net IOT
  • 既存のインフラストラクチャに基づいて、インダストリ4.0および産業用インターネットへの移行が可能
  • netIOTを使用すると、設定および診断のためにフィールドレベルのデバイスに画一的にアクセス可能

 

ヒルシャーの通信ソリューション:

netIOTインターフェース -「最後の1マイル」からデータを取得

netIOTエッジ - オートメーションネットワークとクラウド間のギャップを埋める

netIOTサービス - クラウドの利用価値を高めるインターフェース

ヒルシャーは、デバイスを設計する際に通信部を介してdesign-inサービスを提供します。