リモートIO

I/Oを分散したオートメーションは、今日なおフィールドまたは産業用イーサネット通信による離散的な配線の交換を意味します。

リモートI/Oシステムは、基本的にはフィールドレベルと、特別な、システムに使用されている通信基準の間の高度に統合されたプロトコル変換器です。低いレイテンシーと、モジュール式デバイスにおける多数のI/O接続が、その使用における本質的な基準です。

さらに、デバイスによっては、純粋なI/O通信のほかにPLCの機能あるいは高速なバックプレーンバスを実行するために高精度のCPUを必要とします。


これらすべては、ヒルシャーの強力なnetXネットワークコントローラーと、デュアルコアプロセッサーテクニック、追加のCANインターフェース、MACインターフェースで実現できます。

 

  • netXテクノロジーに基づく非常にコンパクトなデザインで、小さなモジュール品の設計が可能
  • netXでIP20からIP67までのデバイスを実現
  • デジタル、アナログ信号の外部ネットワークへの接続

ヒルシャーがお勧めする通信ソリューション:

netX 51 - フィールドバススレーブとリアルタイム・イーサネットスレーブ用の、メモリコントローラ装備のネットワークコントローラ

netX 52 - フィールドバススレーブとリアルタイム・イーサネットスレーブ用のネットワークコントローラ

さらにヒルシャーでは、お客様のデバイスに通信を組み込んで設計するデザイン・イン・サービスも提供しています。