エンコーダー

オートメーションでは、機器の正確な位置情報が常に要求されます。
netXネットワークコントローラーの統合では、BISSやSSIなどの標準エンコーダー、トランスデューサーが使用できます。さらに、どのような主要フィールドバスプロトコルとリアルタイムイーサネットプロトコルでも素早く実装できるのは大きな利点です。最高温度範囲85°Cが可能です。アプリケーションの統合は、netXネットワークコントローラーまたはシステムのホストプロセッサーで実現できます。

  • netX統合のPHYで小型化
  • 通信システム/ネットワークでBISSからのエンコーダーデータと接続
  • 最大温度85°Cを達成可能